腹筋割りたい方、集合よ(笑)激推しトレーニング紹介。クランチのコツも伝授!!

腹筋割りたい方、集合よ(笑)激推しトレーニング紹介。クランチのコツも伝授!!

タイトル抜粋

目次

腹筋といえば?

腹筋といえば何を想像しますか?
多くの方は膝に頭がつくくらいまで
起き上がる腹筋を想像しませんか?

腹筋している女性

体力測定で測る時は
膝に頭がつくくらいまで
起き上がらないと怒られましたよね(笑)

その影響なのか最後まで起き上がる
腹筋がイメージにあるかと思います。

しかし腹筋を割るトレーニングを
する場合は最後まで起き上がる必要は
ありません。

理由は最後まで起き上がることで
最終的に脚やお尻の力を使うことに
なるからです。

腹筋から脚やお尻の筋肉に
シフトしてしまうと
腹筋の力が抜けてしまいます。

腹筋を効果的に鍛えるには
起き上がって元に戻るまで常に
力を入れておく必要があります。

そのため、最後まで踏ん張って
起き上がるトレーニングは
私はオススメしていません。

私がオススメする腹筋トレーニング

バランスボールクランチ スタート

①バランスボールの上に上半身を乗せる。
※脚はバランスの取れる幅にする。
(慣れてきたら徐々に狭める)

②バランスが取れたら息を吸いながら
上半身を後ろへ反らす。

バランスボールクランチ フィニッシュ

③息を吐きながら
胃を見るように起き上がる。
(体を丸めるイメージ)

※最後まで起き上がらない

意識するポイント

  • バランスを意識する
  • 呼吸を忘れない
  • 腹筋には常に力を入れておく
  • ゆっくり行う
  • 身体を丸めるイメージで行う

バランスを意識する

バランスボールを用いることによって
かなりバランスが悪くなります。

そのため、落ちて転ばないように
するためにも体幹力が欠かせません。

慣れるまでは脚の幅を広めにしましょう。
バランスがとれてからスタートです。

バランスがとれるようになってきたら
脚の幅を狭めていきます。
最終的には膝がくっついた状態で
行うと更に体幹力も効果的に鍛えることが
出来るようになりますよ。

呼吸を忘れない

トレーニングをしていると
真剣になりすぎて忘れてしまう呼吸(笑)

呼吸もトレーニングの一種です。
必ず意識して忘れないようにしましょう。

息を吸いながら後ろに反らします。
息を吐きながらお腹を丸めます。

前に紹介したドローインも
意識しましょう。
(ウエスト詐欺のやつ(笑))

腹筋には常に力を入れておく

先ほどお伝えしましたが
腹筋のトレーニング中は
力が抜けないようにしましょう。

床で行う腹筋の時も
頭は一回一回床につけずに
行う必要があります。

決めた回数を終えるまでは
我慢です、、

そうすることで腹筋の効果が
爆上がりします。

体力測定ではない限り
脚やお尻にバトンタッチするのは
やめましょうね(笑)

ゆっくり行う

30秒間で何回腹筋ができるのか?!
という大会ではない限り
なるべくゆっくり行ってほしいです。(笑)

理由は腹筋の奥にある深層筋にも
(わかりやすく言うとインナーマッスル)
効かせたいためです。

インナーマッスルは骨や関節を
保持するために持続的に働く必要が
あります。

持続的に働く筋肉にアプローチ
するにはゆっくりトレーニングを
したほうが効きやすいです。

きついからといって
素早く行わないようにしましょう。
(ゆっくりやると数倍きついのは内緒(笑))

身体を丸めるイメージで行う

クランチとは主にお腹の上の方を
鍛えることが出来ます。
そのため、胃を見るように
身体を丸めましょう。

腹筋全体に効かせようと
直角に起き上がると
腰痛の原因になったり
腹筋の力が抜けたりするため
オススメしません。

下腹に効かせる場合は
別でトレーニングをした方が
効きやすいですよ。
(何事も欲張らない!!(笑))

下腹のトレーニングもまた
紹介したいと思います!

まとめ

腹筋が割れてる女性、男性共に
憧れますよね。

特に夏はプールや海に行く機会が
増えるため、お腹のポヨポヨは
なんとしてでも避けたい、、

そんな方はぜひ私のトレーニングを
お試しください!!

たくさんの効果的なトレーニングを
お伝えできるよう今後とも
頑張りたいと思います( ^ω^ )

Instagramも見てね。
フォローお願い致します。

https://www.instagram.com/purple_king.fit

痩せやすい身体を作るには?

Share this content:

SHIii

コメントを残す