美尻になるスクワット!!やり方合ってますか?間違ったやり方は大根足の原因です。

美尻になるスクワット!!やり方合ってますか?間違ったやり方は大根足の原因です。

タイトル抜粋

目次

スクワットとは?

これまたBIG3の一つ!!
一度はやってみたことがあるのでは
ないでしょうか?

スクワットは主に脚やお尻の
トレーニングですが、
バランス力も求められる
トレーニングのため
体幹も一緒に鍛えることが出来ます。

スクワットを極めることで
腹筋もバキバキになるかも!?(笑)
そのやり方は後ほど説明します。

美尻スクワットのやり方

スクワット スタート

①肩幅くらいに脚を開く。
つま先はまっすぐか少しだけ外側に開く。

スクワット フィニッシュ

②椅子に腰をかけるように
重心を後ろにして膝を曲げる。
(慣れるまでは椅子にお尻がついても大丈夫です!)

※膝が内側に入らないようにしてください。
(怪我をします。)

気をつけるポイント

  • 膝を前に出さない。
  • 後ろに重心をかける。
    (少しつま先が浮いてもよし!)
  • 座るというイメージで行う。
    (お尻を後ろに突き出す!!)
  • お腹にも力を入れて腰を反りすぎない。

膝を前に出さない

美尻になりたい場合は
ももの裏の筋肉のハムストリングス、
お尻の筋肉の、大臀筋、中臀筋が
重要になります。

膝を前に出すことによって
ももの前の筋肉の大腿四頭筋に
主に効いてしまいます。

そうすることで効いて欲しい筋肉には
あまり効かず、ももの前が膨張してしまいます。

スクワットをして脚が太くなったと
言う方はほとんどが膝を前に出す
スクワットをしています。

重量を持ちたい方はももの前の筋肉を
使ってもいいかと思いますが
脚が太くなりたくない、
美尻になりたいと方は
膝が前に出ないように気をつけましょう。

後ろに重心をかける

膝を前に出さないためには
後ろに重心をかけるように
しましょう。

慣れていない方は
バランスを崩しやすいため
重さなどは持たないようにしてください。

後ろに重心をかけると
足のつま先が浮きやすくなります。

少しなら浮いても大丈夫ですが
なるべく親指にも力を入れて
バランスを保ちましょう。

座るというイメージで行う

このスクワットに慣れるには
椅子を使ったトレーニングが
効果的です。

画像のように椅子に腰をかける
ようなイメージで行いましょう。

最初は座ったり、お尻が椅子に
ついたりしても大丈夫です。
このスクワット姿勢に慣れてきたら
徐々に空気椅子をするような感じで
お尻を離していきましょう。

お尻に手を当てて、
お尻の筋肉がしっかり
動いているかも確認しましょう。

お腹にも力を入れて
腰を反りすぎない

このスクワット姿勢で一番
気をつけてほしいポイントです。

お尻に効かせようとすると
腰が反りやすくなります。

腰が反りすぎることで
腰痛の原因になったり
お腹の筋肉が鍛えられなくなります。

その為、お腹の筋肉もしっかり
意識してください。

お腹の力を入れるとは?

ドローインというトレーニングを
聞いたことはありますか?

ヨガやピラティスなどでも
重要視されている呼吸法の
体幹トレーニングです。

わかりやすく説明すると
まず息を吸いながら
お腹を引っ込めます。

ウエスト詐欺をする時に
とっさに行うあの行動です(笑)

お腹を引っ込めたまま
息を吐きます。

要はお腹を引っ込めたまま
呼吸を繰り返すトレーニングです。

この呼吸で体幹が
ブレにくくなり、
ウエイトトレーニングを
していてもフラつきがなくなります。

ヨガやピラティスを行うときも
フラつくと怒られますよね(笑)

お腹を引っ込めて呼吸するだけで
驚くほど安定した姿勢が保てますよ!

また、骨盤も安定しやすくなり
反り腰や猫背の改善にもおすすめです。

美尻になるためにおすすめのマシン

スクワットと言えば
フリーウエイトという
イメージがありますが、
私はスミスマシン
おすすめしています。

スミスマシンとは
フリーウエイトと違って
バーベルがマシンに
固定されています。

そのため、後ろ重心に
スクワットをしても
バランスを崩すことはありません。

効いて欲しい筋肉に効かせるために
自分に合った角度を調整しやすいです。

フリーウエイトだとバランスを
保つ必要があるため、
後ろ重心にしすぎると
後ろに倒れてしまいますよね(笑)
危険なのでやめてくださいね(笑)

初心者でもやりやすい
マシンです。ぜひ試してみてください。

Instagramも見てね。
フォローお願い致します。

https://www.instagram.com/purple_king.fit

痩せやすい身体を作るには?

Share this content:

SHIii

コメントを残す